ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > よくあるご質問 > 事業主の方へ > 労働相談事例 賃金・賞与・退職金Q1 『最初に支払わない制約があるので残業手当は支払わなくてよいか』
よくあるご質問

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

 

労働相談事例 賃金・賞与・退職金Q1

『最初に支払わない誓約があるので残業手当は支払わなくてよいか』

Question

 採用面接の時に当社では残業手当は支払えないことを説明し、了解の誓約書も書いてもらいましたので残業手当は支払いしなくてもよいのでは?

Answer

『時間外労働が発生すれば当然支払い義務が生じます』

賃金不払い残業いわゆるサービス残業を助長するような公序良俗に反する契約は無効であり、労働基準法上規定されている時間外労働に対する割増賃金(いわゆる残業手当)は当然支払わなければなりません。割増賃金の支払いを要します。

※賃金不払い残業
(クリックすると労働基準法関係のページへジャンプ)


 

このページのトップに戻る

沖縄労働局 〒900-0006 那覇市おもろまち2丁目1番1号那覇第2地方合同庁舎(1号館)3F

Copyright(c)2000-2011 Okinawa Labour Bureau.All rights reserved.