平成20年7月1日最低賃金法が変わります。

最低賃金の決定基準や罰金の上限額、派遣労働者への適用関係などについて大きな改正が行われます。

改正の概要

  • 地域別最低賃金はこうなります
  1. 地域別最低賃金を決定する場合には、労働者が健康で文化的な最低限度の生活を営むことができるよう生活保護に係る施策との整合性にも配慮することとなります。(最低賃金法第9条第3項)具体的な金額は都道府県ごとに決定されます。(詳しくは、厚生労働省HP、都道府県労働局HPに掲載されていますので御確認下さい。)
  2. 地域別最低賃金を下回る賃金を支払った場合の罰金の上限額が2万円から50万円に引き上げられます。(最低賃金法第4条第1項、第40条)
  • 産業別最低賃金はこうなります
産業別最低賃金を下回る賃金を支払った場合については、最低賃金法の罰則は適用されなくなり、労働基準法第24条の賃金の全額払違反の罰則(労働基準法120条。罰金の上限額30万円。)が適用されます。ただし、産業別最低賃金が適用される労働者に地域別最低賃金を下回る賃金を支払った場合は、最低賃金法違反(罰金の上限50万円)となります。(最低賃金法第6条第2項、第4条第1項、第40条)
  • 適用除外規定が見直されます
全ての労働者に最低賃金を適用するため、障害により著しく労働能力の低い者、試の使用期間中の者、認定職業訓練を受けている者等に関する適用除外許可規定が廃止され、最低賃金の減額特例許可規程が新設されます。(最低賃金法第7条)
  • 派遣労働者の適用最低賃金が変わります
派遣労働者については、派遣先の地域(産業)に適用される最低賃金が適用されます。
(最低賃金法第13条、第18条)
  • 最低賃金額の表示が時間額のみになります
時間額、日額、週額又は月額で定めることとされていた最低賃金額の表示単位が、時間額のみとなります。
(最低賃金法第3条)
  • 施行期日等
公布期日は、平成19年12月5日、施行期日は平成20年7月1日です。

沖縄労働局労働基準部賃金室   電話098-868-3421



 

このページのトップに戻る

沖縄労働局 〒900-0006 那覇市おもろまち2丁目1番1号那覇第2地方合同庁舎(1号館)3F

Copyright(c)2000-2011 Okinawa Labour Bureau.All rights reserved.