Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

ひやみかち健康経営宣言

 

「ひやみかち健康経営宣言」って何?

  職場コミュニティーでの健康づくりから、沖縄経済の飛躍と健康長寿復活に取り組む運動です。

詳しく見る▶

 

    今、注目される健康経営って何?▶     沖縄健康長寿の復活 働き盛り世代が鍵▶

 

 

 宣言企業をみる

  宣言を登録した企業を紹介しています。県民の皆様の応援をお願いします。

詳しく見る▶

 

 

宣言する

  宣言を登録したい場合はこちら。

詳しく見る▶

 

     宣言登録までの流れ▶             うまくいく職場の健康づくりのコツ▶

 

                  ロゴのご使用について▶                   何やる?職場の健康づくり▶

 

 

協賛団体

  わたしたちは「ひやみかち健康経営宣言」を応援しています。

 

沖縄県 / (一社)沖縄県経営者協会 / 沖縄県商工会議所連合会 / 沖縄県商工会連合会

 

沖縄県中小企業団体中央会 / (一社)沖縄県労働基準協会 / 全国健康保険協会沖縄支部  

 

沖縄産業保健総合支援センター / 沖縄県社会保険労務士会

 

 

パンフレット

 

   ◇◇ ひやみかち健康経営宣言 ◇◇

 

 

 

 

  【お問合せ】

  ひやみかち健康経営宣言 登録事業事務局 (沖縄労働局 健康安全課 内) 

  TEL:098-868-4402

  FAX:098-862-6793

 

 

 

「ひやみかち健康経営宣言」って何?

 健康と長寿は沖縄県民が誇りにしてきたものであり、観光をはじめたとした沖縄経済を構成する重要なブランドです。

 

 しかし、今、平均寿命は女性3位、男性30位と、いわゆる「330ショック」にゆれる沖縄。

 

 私たちの健康と長寿を取り戻さなければなりませんが、その鍵は働き盛り世代の健康改善にあります。

 

 「ひやみかち健康経営宣言」は職場コミュニティーにおける「ゆいまーる」精神の健康づくりから、沖縄経済の飛躍と健康長寿復活に取り組む運動です。

 

 この運動ではロゴをつくっています。

 

 企業のホームページや名刺でお見かけになった時は、運動に参加している「宣言企業」ですので、県民の皆様の応援をお願いします。

 ロゴは人をガジュマルに摸し、手を仰ぎ実り茂ることで、沖縄経済の飛躍と健康長寿復活の「ひやみかち」を表現しています。

 

   ●今、注目される健康経営って何?▶
   ●沖縄健康長寿の復活 働き盛り世代が鍵▶

 

 

今、注目される健康経営って何?

 社員(人材)を企業経営における貴重な資源と捉え、その健康増進を経営投資だとする考え方です。

 

 健康経営に取り組むことで、社員の従業員満足度を高めるとともに、企業にとっては生産性の向上、イメージアップ、リスクマネジメントが期待されます。

 

 つまり、社員と企業がいっしょに成長する仕組みなのです。

 

 < 「我が社ではちょっと難しそう・・」 とお思いの方に >

 

 確かに、「健康経営」と聞くと、難しいイメージをお持ちになるかもしれませんが、大切なのは一つでもアクションすること。

 

 社員と企業がいっしょに成長しようと思う気持ちなのです。

 

 中小企業では社員一人一人の生産性が大事です。

 

 もしも、大切な社員が病気で倒れるとなれば、大きなダメージにもなりかねません。

 

 だから、「健康経営」をオススメします。

 

 

健康経営って何?

 

 

沖縄健康長寿の復活 働き盛り世代が鍵

 330ショック(平均寿命 女性3位、男性30位)にゆれる沖縄。

 

 実は、64歳までの成人の死亡率は全国より高いことが分かっています。

 

 とくに急性心筋梗塞、脳血管疾患、肝疾患といった生活習慣病です。

 

 このことは、職場の健康診断結果にも現れています。

 

 健診項目で何らかの異常所見が認められる方の割合(有所見率)は平成23年から4年続けて全国ワースト1で、実に3人に2人の方が該当しています。

 

 いわゆるメタボ該当者・予備群の割合も男女とも全国ワースト1というデータがあります。

 

 また、こころの面でも、メンタルヘルスの不調による休職や退職の問題が顕在化しています。

 

 つまり、沖縄健康長寿復活の鍵は働き盛り世代にあるのです。

 

 そして、「健康経営」に取り組むことは、企業の活力・成長だけでなく、うちなーの健康長寿を取り戻すことに貢献することになるのです。

 

グラフ

 

 

 

宣言企業をみる

 宣言を登録されている企業・事業所をご紹介しています。

 

 県民の皆様の温かい応援をお願いします。

 

 

  業種で絞り込む

  あいうえお順

 

株式会社SINKAコーポレーション

企業

ロゴ 

登録261017001

宣言内容をみる▶ 

株式会社沖縄タイムス社 沖縄タイムス

登録261121001

宣言内容をみる▶ 

沖縄石油基地株式会社  270903001rogo__.png

登録270903001

宣言内容をみる▶ 

株式会社沖縄銀行 沖縄銀行

登録270126002

宣言内容をみる▶

社会医療法人 かりゆし会

ハートライフ病院

ハートライフ病院

登録270306001

宣言内容をみる▶

社会医療法人 かりゆし会

ハートライフクリニック

ハートライフクリニック

社会医療法人 かりゆし会

ハートライフ地域包括ケアセンター

ハートライフ地域包括ケアセンター
有限会社 enLife   登録270803001 
 株式会社 八電工  

登録270817001

宣言内容をみる▶

 株式会社 沖縄ダイケン 270914001logo.jpg 

登録270914001

 宣言内容をみる▶

 株式会社 沖電工 271005001logo.jpg 

登録271005001

宣言内容をみる 

 三井住友海上火災保険株式会社 280217001logo.png 

登録280217001

宣言内容をみる▶ 

 宮古ガス株式会社NEW.gif  280411logo.png

 登録280329001

 宣言内容をみる▶

 

 

 

宣言する

 企業・事務所様へ、宣言登録までの手続きについてご紹介します。

 

 

   1 宣言登録までの流れ▶            3 うまくいく職場の健康づくりのコツ▶

 

                2 ロゴのご使用について▶                  4 何やる?職場の健康づくり▶

 

 

 1 宣言登録までの流れ

 

  【step1】 当サイトから宣言フォームをダウンロード (用紙を労働基準監督署等で入手)

 

         宣言登録に際し原則、審査はありません。

 

         また、登録した宣言の内容を沖縄労働局が認証・格付けするものではりません。

 

         大切なことは職場コミュニティーにおける

 

           「ゆいまーる」精神の健康づくり

 

        だからです。

 

         そして、

 

           一つでもアクションすること

 

        です。

 

         まずは、要綱を必ずお読みになり、同意の上、宣言フォームをダウンロードください。

 

           要綱を読む▸

 

           同意して、宣言フォームをダウンロードする(参加申込書もこちらから)▸

 

 

  【step2】 社内で話し合い

 

         社内で職場での健康づくりについて話し合います。

 

         その際、職場健診結果を活用すると、生活習慣病のリスクなど、社内の健康課題も見つけやすくなります。

 

         そして、仕事スタイルや社内環境を振り返りながら、健康づくりメニューを決めていきましょう。

 

         大切なのは

 

           社員のみなさんの気持ち

 

        無理なくできることから。

 

 

  【step3】 健康づくりメニューを決めてメール送信、または、FAX送信

 

         健康づくりメニューを決めたら、宣言フォームを作成します。

 

         宣言フォームが出来たら、参加申込書を添えて、メールまたはFAXで事務局(沖縄労働局健康安全課内)までお申込みください。

 

 

  【step4】 御社の宣言が掲載されます

 

         お申込み後、事務局より確認のためご連絡を差し上げます。

 

         その際、御社の宣言の登録ナンバーをお知らせします。

 

         お申込み → 事務局からご連絡 → 宣言の掲載までに5日程度  とお考え下さい。

 

            登 録 ナ ン バ ー =  お 申 込 み 日 + そ の 日 の 順 番

 

            ( 例 261001001 → 平成26年10月1日  1 番 目 の 受 付 )

 

 

 

  ※ 社員の健康情報は大切なプライバシーです。適切に取扱いましょう。

 詳しくは、 「雇用管理に関する個人情報のうち健康情報を取り扱うに当たっての留意事項」 (平成24年6月11日付基発第0611第1号 厚生労働省労働基準局長通知)をご参考にしてください。

 

 

 

 2 ロゴのご使用について

 

 ひやみかち健康経営宣言ではロゴをつくっています。

 

 登録がお済みになりましたら、ロゴ、バナーをご使用いただけます。

 

 この運動を広げていくためにも、名刺やホームページなどでご使用いただければ幸いです。

 

 ロゴ(jpg,pdf,png形式)、バナー(jpg,gif形式)の電子データは事務局よりメールでご提供いたします。

 

 なお、FAX申し込みの場合、USB接続が可能なフラッシュメモリ等を持参の上、事務局へ直接来庁下さい。 

 

 

  【ロゴ】  <type1>

         

 

         <type2>

         

 

         <type3>

         

 

  【バナー】 <type1>

         

 

         <type2>

        

 

 

 3 職場での健康づくりのコツ

 

 仕事で忙しい。

 

 長続きしない。

 

 一部の人だけで。

 

 こんなことにもなりがち。

 

 職場の健康づくりのコツを説明します。

 

 でも、大事なことはコミュニケーションとモチベーションです。

 

 つまり、「ゆいまーる」の精神です。

 

 

 体制・推進役を決める

 

 スローガンだけではなかなか進みません。

 

 経営トップが会社の持続的成長のための経営課題として

 

   社員の健康を大切にすること

 

を明確に位置づけた上で、職場コミュニティーでの健康づくりを進める体制・推進役を決めましょう。

 

 その際、

 

   仕事スタイルや職場環境を振り返ること

 

が大事ですので、そういったことも話し合える仕組みにしておきましょう。

 

 従業員数50人以上の事業所であれば、

 

   衛生委員会を活用する

 

ことをオススメします。

 

 50人未満の事業所だと総務担当係の方が推進役として考えられます。

 

 また、関心のある社員の方を

 

   「健康づくり推進員」

 

として配置し、職場の雰囲気を高めていく方法もあります。

 

 また、目標を定めることもオススメします。

 

 はじめは達成しやすいものから。

 

 

 やれることから、楽しく

 

 はじめから無理しすぎると長続きしません。

 

 健康経営は経営課題として社員の健康増進に取り組むわけですが、経営側の思いだけで、社員の気持ちがついて来ない状態ではうまくいきません。

 

 従業員満足度の向上は健康経営の重要なメリットです。

 

 だから、健康づくりメニューは

 

   職場で話し合って決めること、 欲張らず無理なく出来ること、

 

 また、

 

   個人の選択にも配慮すること

 

が大事です。

 

 

 仕事スタイルや職場環境も改善

 

 お勤めの方にとっては、労働時間が一日の大きなウエイトを占め、会社はコミュニティーです。

 

 だから、健康は個人の生活習慣だけでなく、その仕事スタイルや職場環境にも影響されます。

 

 例えば、ストレスがたまりやすい、運動不足になりがちといった仕事内容だけでなく、夕食や昼食、睡眠時間も仕事に左右されます。

 

 職場コミュニティーでの健康づくりにとって、社員(個)の改善だけでなく、仕事スタイルや職場環境も総合的にみて改善していくことが大事です。

 

 まさに、経営課題として取り組むということです。

 

 

 健康づくりをふりかえってみる

 

 健康づくりをスタートさせたら、それをふりかえってみることが大事です。

 

 社員の参加・実施状況を確認してみてください。

 

 そして、健康づくりをして

 

   楽しかったこと、 良かったこと、 逆にうまくいかなかったこと など

 

話し合って、御社らしい取組にするための改善を進めましょう。

 

 また、職場健診結果などから、健康づくりの効果もみてみましょう。

 

 

 4 何やる?職場の健康づくり

 

 生活・仕事習慣の改善という点でいうと、

 

  「食生活」 「運動」 「こころ」 「休養」 「タバコ」 「アルコール」

 

といったテーマがあります。

 

 でも、何をしたらいいの?という方、例えば次の点に着目してみてください。

 

 具体的にどのように展開するかは御社次第です。

 

 例えば、社員の方に宣言してもらったり、取組状況を点数付けしたりして、ゲーム性を持たせるのも一手です。

 

 なお、取り組みに当たっては、必要に応じて、医師、保健師などの専門家のアドバイスを受けることをオススメします。

 

 ● 「食生活」

 

ž     「野菜もう一皿」を勧める

 

ž     「ちゃんと朝食」を勧める

 

ž     食生活講座を開催する・関連リーフレットを掲示する

 

 

 ● 「運動」

 

 ž    ウォーキング (今より10分歩く)

 

ž     階段利用を勧める

 

ž     みんなでラジオ体操をする

 

ž     スポーツ大会などサークル、余暇活動を支援する

 

 

 ● 「こころ」 「休養」

 

ž     笑顔であいさつする

 

ž     仕事で困っていないか、「声かけ」する (仲間をきづかう)

 

ž     時折、リラックスできる環境をつくる (花、観葉植物、BGM)

 

ž     パワハラをしない・させない (研修を開催する)

 

ž     メンタルヘルスについて学ぶ (研修を開催する)

 

ž     ノー残業dayを設定する

 

ž     6時間以上の睡眠をすすめる

 

 

 ● 「タバコ」

 

     タバコの影響について学ぶ

 

ž     禁煙を奨励する

 

ž     職場内を禁煙・分煙する

 

 

 ● 「アルコール」

 

     休肝日を宣言する、飲酒カレンダーを勧める

 

     飲み会は無理をしない

 

 

 ● 「健診」

 

     人間ドック希望者に費用を助成する。扶養者の特定健康診査を勧める

 

     特定保健指導(保険者が実施)の受診を勧める

 

 

 ● 「支え合う」

 

     体調や治療の状況に応じた柔軟な勤務形態を組む

 

     治療・通院目的の休暇・休業制度を組む

 

     メンタルヘルス不調者の職場復帰支援プログラムを策定する

 

 

 ● 「情報提供・環境整備」

 

     体重計・血圧計を設置し、利用を勧める

 

     定期的に健康講座を開催する

 

     仕事のやりくりの見直し、残業の縮減、年休の取得促進

 

 

宣言フォームをダウンロードする

 宣言フォーム及び申込書はmicrosoft office wordで編集可能です。

 

 作成されましたら、下記の送信先までメールでお送り下さい。

 

 メール送信後、5日経っても事務局(沖縄労働局健康安全課)から連絡がない場合は、お手数ですが御電話ください。

 

      宣言フォーム

 

      参加登録申込書 (メール用)

 

      参加登録申込書 (FAX用)

 

    宣言フォーム及び申込書の送信先  kenkouanzenka-okinawakyoku@mhlw.go.jp

    FAXでの送信先 098-862-6793  

 

宣言の作成方法

 宣言フォームに記載するのは代表者のメッセージと取組事項です。

 

 【代表者メッセージ】は、社内と社外の両方に向かって発信するおつもりで記載ください。

 

 また、集合写真や代表者の方の写真を貼り付けていただくこともできます。

 

 【取組事項】は、見本例では箇条書きで記載していますが、特段定めはありませんので、1ページに入る程度でご自由にお書き下さい。

 

 例えば、一つの取組事項を取り上げて、それについて詳しく書いたり、活動の様子の写真を貼り付けていただくことも可能です。

 

 

<見本例>

沖縄労働局 〒900-0006 那覇市おもろまち2丁目1番1号那覇第2地方合同庁舎(1号館)3F

Copyright(c)2000-2011 Okinawa Labour Bureau.All rights reserved.