全国安全週間のスローガンの募集について

 広く国民のみなさまに「安全」についての意識を深めていただくために、毎年7月に行われる全国安全週間のスローガンを募集します。 

 

安全週間について

 全国安全週間は、厚生労働省と中央労働災害防止協会の主唱により、「産業界での自主的な労働災害防止活動を推進するとともに、広く一般の安全意識の高揚と安全活動の定着を図ること」を目的として実施するものです。

 全国安全週間の開始は昭和3年まで遡り、平成30年度で91回目を迎えます。実施期間は毎年、7月1日から7月7日までとされています。

 

スローガンの募集について

 この全国安全週間を実施するにあたり、広く国民のみなさまに改めて職場の安全の重要性について考え、更なる安全意識の向上、日ごろの取組の定着を図るため、スローガンを広く募集します。

 昨年、平成29年の沖縄県内における労働災害については、平成29年12月末時点の速報で、死亡災害は前年比175%増(11人)、休業4日以上の死傷災害も前年比7%の増(1,051人)となっています。

 特に死亡災害については、昨年夏に死亡災害が毎月発生し急増しました。事案を個別に見ると、高所や脚立等からの墜落・転落、壁や石積みの崩壊・倒壊、炎天下作業による熱中症など基本的な安全管理の取組が徹底されていないものが多数あり、景況観が改善する中、人手不足が顕在化し、安全衛生管理体制がおろそかになっている状況が懸念されます。

 現在、平成30年度を初年度とする「第13次労働災害防止計画」を検討しているところです。死亡災害の撲滅を目指した建設業における墜落・転落災害等の防止、死傷災害の増加傾向にある第三次産業における雇い入れ時の安全衛生教育の徹底や災防団体等と連携した労災防止対策などを内容として検討しております。

 労働災害防止のため、労使一丸となった取組につながるようなスローガンをご応募くださいますようお願いします。

 

 ※ どなたでも応募できます。 

 

募集期間

 平成30年1月24日(水)~2月21日(水)【当日消印有効】

 

 全国安全週間のスローガンの募集内容については、厚生労働省サイト内で案内しています。

 全国安全週間のスローガンの募集について(厚生労働省サイト内)

 http://www.mhlw.go.jp/public/bosyuu/iken/p20180124-01.html

 

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 健康安全課 TEL : 098-868-4402

沖縄労働局 〒900-0006 那覇市おもろまち2丁目1番1号那覇第2地方合同庁舎(1号館)3F

Copyright(c)2000-2011 Okinawa Labour Bureau.All rights reserved.